経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「最強のビジネス組織を築き、最も創造的な仕事を生み出すのは、組織内部で働く者同士の尊敬と共感だということだ。」ベネトン 創業者 ルチアーノ・ベネトン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネトン氏は、1935年、イタリア・トレヴィーゾ生まれ。20歳の時、「トレ・ジョリー」のブランド名で発表したセーターが評判となる。当時は地味な色のセーターが当たり前だったが、妹が作ったカラフルなセーターから着想を得て、36種類のなかから好きな色を選べるようにしたのだ。その後、ブランド名を「ベネトン」に改め、自社工場も建設した。

1969年、パリに店舗をオープン。カラフルな色使いのベネトンの服はここでも人々の心も捉えた。その後は子供服やジーンズなども加え、急激に売り上げを伸ばすことに。その特徴とされているカラフルな色遣いは、第二次世界大戦直後の暗い世界から早く脱却したいというルチアーノの強い思いが強く込められていたとも言われている。

日本に進出したのは1980年。セゾングループと製造・販売契約を結び、ベネトン・ジャパンを設立、ベネトン氏自身が会長に就任した。

掲出は、個性的なファッションを次々と発表してきたベネトン氏の言葉。従業員同士の「信頼」はあらゆる組織にとって最も重要な要素といえるのではないだろうか。互いに信頼できず、疑心暗鬼で足の引っ張り合いばかりをしていたら、良い製品もサービスも生まれるはずがない。

その信頼の基礎となるのが互いに対する「尊敬」と「共感」だ。これがちゃんとあるかどうか、経営者や上司など、組織のマネジメントに責任を負う人は、日頃、もっとも注意を払うべき点といえるのではないだろうか。

お気に入りに登録

経営者のあの一言

一覧を見る

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら