経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「考え続けていれば、いつか答えが見付かることがある。」ヤマトホールディングス 元会長 瀬戸薫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸氏は、1947年、神奈川県生まれ。中央大学法学部を卒業後、大和運輸(現・ヤマト運輸)に入社。学生時代にはさまざまなアルバイトを経験したが、一番肌に合ったのが配送の仕事だったのだとか。

入社間もなくオイルショックが起き、運輸業界は不況に陥った。そのとき同社の社長に就任したのが、宅配便の生みの親として知られる小倉昌男氏だった。瀬戸氏は小倉氏の下、宅配便の開発プロジェクトにたずさわることになる。

今や日常になくてはならない宅配便だが、当時は個人向けの運送サービスなど考えられない時代だった。そんな中、小倉氏からは次々とサービスを強化するための無理難題が発せられ、プロジェクトチームは苦労の連続だったという。しかし、ようやく生み出した宅配便は大ヒットとなり、3年目で取扱個数が1,000万個に達した。

瀬戸氏は掲出のほかにも、「社員が提案してきたアイデアに対して、頭からダメと言うことは、まずありません。また社員が創意工夫して実行したことが仮に失敗に終わったとしても、それを咎めることもしません。自由にやっていいと言われて自由にやって怒られた、というのでは、次回から萎縮してしまい、新しいことに挑戦しようという人がいなくなってしまいますから」とも言っている。

困難にぶつかったとき、できない理由を挙げ連ねるか、それとも最適解を求めて思考し続けるか、大きな分かれ目である。自由に発想の羽を広げれば、やがて解決の糸口くらいにはたどり着くだろう。たとえ回り道になっても考えることをやめなければ、いずれ光は差してくる。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら