経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第379回  「社員たちに『ちょっとだけ非常識になれ』と言いたい。常識とは、賞味期限切れの情報になりかねません。ここによりかかっていては、前進できません。」三菱地所 元会長 木村恵司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木村氏は、1947年、埼玉県大宮市(現・さいたま市)生まれ。幼いころは病弱で引っ込み思案だったという。しかし、中学に入る頃には健康になり、野球に熱中した。3年生の時には県の野球大会で準優勝している。

浦和高校から東京大学経済学部に入学。大学在学中には音楽イベントを企画して数十万の利益を出したことがあり、一時はイベンターの道に進むことも考えたという。

大学卒業後は三菱地所に入社。常務、専務執行役員などを経て2005年に社長に。翌2006年には日本ショッピングセンター協会の会長にも就任している。

常識のなかには変わらずに何百年と続いているものもあるかも知れない。しかし、ほとんどの常識は時の流れとともに変わっていく。常識に囚われていると、いつの間にか時代に取り残されていた、なんてこともあり得る。ただし、あまりに非常識でもいけない。良識を踏まえた「ちょっとだけ非常識」を心がけたい。

お気に入りに登録

経営者のあの一言

一覧を見る

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら