経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第356回  「おもしろおかしく。」堀場製作所 創業者 堀場雅夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

堀場氏は、1924年、京都府京都市生まれ。京都帝国大学理学部在学中に堀場無線研究所を創業。国産初のガラス電極式pHメーターの開発に成功し、卒業後、堀場製作所を設立した。いわゆる「学生ベンチャー」の草分け的存在といえる。

1971年に大阪証券取引所・京都証券取引所へ株式上場を果たした際、堀場氏は「社長50歳定年制の実効」を宣言。これは、人生の能力・知力・経験・体力は40代がピークで、50代になると落ちてくるので、50歳になったら経営者はその地位を退くというもの。その言葉の通り、堀場氏は53歳で社長を退き、会長に就任した。

掲出は、実は堀場製作所の社是。社長を退いた際に堀場氏自身が制定したもので、それまで同氏が長年に渡って温めてきたものだという。これには「人生のもっとも活動的な時期を費やす仕事にプライドとチャレンジマインドを持ち、エキサイティングに取り組むことで、人生の満足度を高めて欲しい」という、社員に対する願いが込められている。

人生のなかで、仕事に費やす時間は極めて膨大だ。その多くの時間を実りある豊かなものにするためにも、ぜひ「おもしろおかしく」過ごしたいものだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら