経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第287回  「私の成功や失敗に、最終的に責任を持つのは私だ。」ニューズ・コーポレーション 会長兼CEO ルパート・マードック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マードック氏は、1931年、オーストラリア・メルボルン生まれ。父親は複数の新聞などからなるメディアグループを率いていた。その父親の急死により、経営を引き継ぐことに。

 しかし、相続税の支払いで有力紙を手放すことになり、かろうじて残ったのは地方紙の「アデレードニュース 」だけだった。その「アデレードニュース」をもとに持株会社ニューズ・リミテッドを創立。各地の新聞を買収して1970年代にはオーストラリア有数のメディアグループへと成長させた。

 さらに、1969年のイギリス「ザ・サン」の買収を皮切りに「ザ・タイムス」「ニューヨーク・ポスト」など世界中の新聞を買収、1979年に持株会社ニューズ・コーポレーションを設立した。その後、「21世紀フォックス」も傘下に置き、メディア王と呼ばれるようになる。

 掲出は「ニュース・オブ・ザ・ワールド」の編集長に対する言葉。部数が落ち込み始めたため、マードック氏がレイアウト、記事、コラムニストなどを変更。編集長は「編集の素人が口を出さないでくれ」と抗議した。それに対してマードック氏が返したのがこの言葉という。上に立つ者が持っているべき気概であり、覚悟といえるだろう。けっして、成功は私の功績、失敗は部下の責任などと考えないように……。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら