経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第253回  「満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルにあった仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもでもある。」プロクター・アンド・ギャンブル 創立者 ジェームズ・ギャンブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギャンブル氏は、1803年、アイルランド生まれ。大学を卒業後、アメリカに渡り、石鹸製造業を営む。もともと生家が石鹸製造を営んでいたからだった。そして、1837年、ロウソク製造業を営むウィリアム・プロテクター氏と共同で事業を興す。

 実はギャンブル氏の妻とプロテクター氏の妻は姉妹。妻の父、つまり義父のアレキサンダー・ノリス氏の勧めがあったのが事業を興すきっかけだった。当時、アメリカは経済恐慌のまっただ中、石鹸もロウソクも原料は同じなのだから、競争より提携した方が消費者のためになると言われたのだという。こうして誕生したのがプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)だ。
 
 P&Gは経済恐慌や南北戦争の混乱で、多くのメーカーが製品の品質を落とす中、誠実なものづくりを貫き、消費者の信頼を得た。また、アメリカ初の社員持ち株制度の導入、アメリカ産業界初の研究所への投資など、新しい試みも積極的に行い、成長していった。現在では、世界80か国以上に展開する大企業である。

 ギャンブル氏は両親が敬虔なクリスチャンだったこともあり、誠実に仕事に取り組む人物だった。掲出はそんな人柄からの言葉だろう。もし、自分の身の丈に合わない仕事だと思ったら、転属や転職を考えることも必要だろう。無理をして、迷惑するのは部下や同僚だ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら