経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

イベント・講演録

次世代の経営人材をいかに育てるか(1/5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
情報技術が、企業価値の生み方を今までと全く違ったやり方に変えた

情報技術が、企業価値の生み方を今までと全く違ったやり方に変えた

2015年6月からコーポレート・ガバナンス・コードが導入され、上場企業は、社外取締役として2名以上を選任し、経営陣にも企業価値を生みだせる人材を登用することが求められるようになりました。企業価値を生める人材とは、ファイナンス理論に沿って言えば、資本コストを超えるリターン、つまりROEを上げられる経営者ということを意味します。調査によると、日本企業に対して株主が求める資本コストは6~7%ほどですが、多くの日本企業のROEは5%程度であり、平均的な日本企業は、資本コストを下回るリターンしか上げない、企業価値を毀損しているとみなされています。欧米ではどうかというと、ヨーロッパは15%、アメリカは20%を超えており、投資家は日本企業に2倍、3倍の企業価値を出すことを期待しています。

また、経営環境の変化により、価値の出し方も変わってきています。フォーチューン誌とヘイグループが年1回共同で出す「世界で最も称賛される企業のランキング」には、その変化がよく表われています。この調査は1997年にスタートし、2006年までの10年間は、トップ20の顔ぶれはGEやP&G、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどのような企業で固定化されていました。しかし2010年頃を境に大きな変動がありました。電気、機械、物理、化学の知見に基づき勝っていた、産業革命より生まれた企業に代わり、アップル、アマゾン、グーグルという、情報革命の寵児がトップ3を占めるようになったのです。ここ4年間、トップ3の顔ぶれはずっとこの3社です。かつての優良企業はトップ10以下に後退しています。リーマンショック後にビジネスの風景が変わったと考える経営者が多いですが、実はその背景には、産業革命から情報革命への転換が大きなファクターとして関わっているのです。


〔経営プロサミット2015 6/1講演【次世代の経営人材をいかに育てるか~新しい経営環境の中で企業価値を高められる人材とは~】より〕

お気に入りに登録

プロフィール

ヘイ コンサルティング グループ<Br>代表取締役社長 高野 研一 氏

ヘイ コンサルティング グループ
代表取締役社長 高野 研一 氏

日本の大手銀行でファンドマネジャーなどを経験した後にコンサルタントに転進。現マーサー・ジャパン取締役などを経て、2006年10月にヘイ コンサルティング グループに参画。2007年10月より代表取締役社長に就任。
日本企業の経営改革とグローバル化を支援。特に、コーポレートガバナンス、ビジネスリーダーの育成とアセスメント、グループ経営、組織・人材マネジメントに関する戦略・実行支援などに豊富な経験を持つ。メーカー、金融、商社、小売などほぼ全業種にわたりコンサルティングサービスを提供。多くのクライアントからの信頼を得ている。ヘイグループでは、日本・韓国のマネジメントを担うとともに、ガバナンス・コミッティーのメンバーを務める。
神戸大学経済学部卒業、ロンドン・スクールズ・オブ・エコノミクス(MSc)修了、1992年6月 シカゴ大学ビジネススクール(MBA)修了。
著書 『超ロジカル思考』(日本経済新聞社)、『ビジネスリーダーの強化書』(日本経団連出版)、『勝ちグセで企業は強くなる』『グループ経営時代の人材マネジメント』(ともに東洋経済)他、講演・執筆多数。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら