経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

イベント・講演録

クオリティフォーラム2017 企画セッション「事業ドメイン・ブランディング:ビジョンがもたらす事業の持続的発展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤 雄一郎 氏
名古屋工業大学 産学官金連携機構 特任教授

----------------------------------------------------------------
本講演は、日本科学技術連盟主催の、「クオリティフォーラム2017」
における講演内容をまとめたものです。
----------------------------------------------------------------

市場が成熟した現代社会の製造業は、技術の向上により製品の品質格差が縮小し、単品販売で戦うビジネスはコモディティ化(高付加価値を持っていた商品の市場価値低下)の危機に直面している。このような背景を受けて、今回登壇した名古屋工業大学産学官金連携機構 特任教授の加藤 雄一郎氏が脱・単品販売ビジネスを目指す「事業ドメイン・ブランディング」の理論的枠組みについて紹介した。

何のために働くのか?重要なのは目的=ビジョン

加藤氏は講演冒頭で「私たちは何のために働くのか?」という問いを提示し、「三人のレンガ積み」のストーリーを取り上げた。中世ヨーロッパの建築現場でレンガを積んでいた三人の男たちに「何をしているのか?」と尋ねた、というものだ。男たちは次のように答えた。

第一の男:「レンガを積んでいる」
第二の男:「食うために働いている」
第三の男:「後世に残る町の大聖堂を造っている」

加藤氏は、レンガを一日に何個積むか、いつまでに完了させるか、といった「目標」は全員同じだが、「目的」はそれぞれ異なると解説。第一の男は目的がなく、第二の男は「生活費を稼ぐこと」、第三の男は「長きにわたる人々の心の拠り所を確立すること」が目的だ。このことから、目標は達成する意味合いを伴って初めて異議深い目的となって個人にもたらされると述べた。

さらに、現代日本で見られる「第三の男」のような働き方として、わずか7分の停車時間で完璧に業務を遂行する新幹線の清掃員や、東日本大震災発生時に園内で被災したゲストに自己判断でお菓子などを配布した東京ディズニーランドのキャストを例に挙げた。彼らには「お客様の大事な予定を守るために7分を厳守する」「私たちはゲストを笑顔にするために存在している」という目的があったことを紹介し、働く意味の重要性を説いた。

続いて、人間の働くモチベーションの歴史的な変遷について言及。
モチベーションをOSに例えると、現代社会はダニエル・ピンク氏が唱えた「モチベーション3.0」の時代に入っており、働く意味・意義が非常に重視されている時代を迎えたと解説した。

その上で、現代社会の大問題として「目標疲れ」を指摘。一日の生産量など「目標」の達成を最上位に掲げた働き方の場合、目標に達成できない者は挫折し、達成できた場合でもそれ以上の展開はない。ましてやKPI達成が容赦無く課せられる組織であれば、当然ながら組織的な疲弊を起こし、働く人のメンタルにも問題が起きると警鐘を鳴らした。
「重要なのは「目的」のために働くこと。目的があれば、目的に照らし合わせて次なる目標を設定可能で、仮に目標が達成されなくても次の目標が必ず生まれる。この目的こそビジョンなのである」。

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら