経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

渋沢栄一の「士魂商才」 ビジネスリーダーなら知っておきたい「日本資本主義の父」の肖像

第26話:渋沢栄一の経営哲学「士魂商才」が花開く――富岡製糸場建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一。2022年に日本最高額紙幣の“顔”となる「日本資本主義の父」がどのように生まれたかを、史実第一主義の直木賞作家・中村彰彦氏が紹介する(編集部)。

故郷の危機に立ちあがった従兄・尾高新五郎の数奇な運命

渋沢栄一の少年時代の学問の師であり10歳年上の従兄(いとこ)でもある尾高新五郎については、明治2年(1869)3月中旬、上州手計村(てばかむら)から渋沢栄一の妻子をつれて静岡藩へ移り、当時栄一が静岡藩に設立させた商法会所で働きはじめたところまで紹介した(第21話)。

史料がないため断定しにくいのだが、間もなく新五郎はよんどころない事情から静岡を去り、帰郷した公算が大である。というのも明治3年冬のうちに、手計村をふくむ武州榛沢郡とその周辺には「備前堀(びぜんぼり)事件」という騒動が発生したからだ。

「備前堀」とは、徳川家康の江戸入り直後に関東の治水を担当した伊奈備前守(びぜんのかみ)忠次が掘った堀、という意味。もともともは烏川(からずがわ)の水を下流の村々へ分け与えるための水路であったが、時代が移って烏川が利根川に飲みこまれると、備前堀の水の取り入れ口へは利根川の水が大量に流れこみ、付近の村々は洪水に悩まされるようになった。そこで堀をふさいだところ、今度は用水枯渇の害が発生してどうにも埒があかない。そこで明治2年に着工されることになったのは、榛沢郡の向島(むこうしま)から新たな堀を掘り、手計村、新戒(しんかい)村、その地を貫いて小山川につなぎ、さらに堤を造って備前堀の下流に通じさせるという大工事。

しかし、この堀が完成すると向島上流の仁手(にて)村などは田に水が引けなくなる上、手計村、新戒村ほかは自村に用もない堀を造られて利根川の洪水にまきこまれる危険だけが増す。各村の村民たちは、近在の天領(旧幕府直轄領)を集めて発足した岩鼻県の県令や参事に工事中止を求めた。

テレビ時代劇中の農民が、「許して下せえ、お代官さま」と土下座する場面がよくあるのは、江戸時代には官尊民卑の感覚が強かったことに由来するのだが、明治維新後もこの感覚は強くなりこそすれ薄くはなっておらず、岩鼻県は刑吏に名主たちを脅迫させて、「新工事につき村方一同苦情なし」との請書(うけしょ)を出させた(幸田露伴『渋沢栄一伝』)。

これを聞いて立ったのが、尾高新五郎その人である。彰義隊と振武軍(しんぶぐん)に参加して新政府軍と戦った経験のある新五郎は、改めて新政府に挑戦する肚(はら)を固めたのだ。「乃公(おれ)に任せよ、悪くはすまいぞ」(同)といって関係14ヵ村の人々からの連判状を託された新五郎は、岩鼻県庁など無視して東京へ出ると、同年12月初めに静岡から上京して民部省へ出仕したばかりの栄一の家に厄介になり、民部省への抗議を開始した。

「新五郎は備前堀の最初からの変遷、利害、県吏の妄断、脅迫、人民の憂患、恐怖、憤怒までを雄弁滔々(とうとう)、理有り力有り、意気精彩有り余るまでに述べ立てた。此訴(このそ)を聴いたのが後に明治の大法官として一世に仰視された大審院長玉乃世履(たまのせいり)だったから面白かつた」(同)

元岩国藩士玉乃世履は、のちに「今大岡」すなわち大岡越前守の再来といわれる名判事である。訴状のみごとな論旨と新五郎の知性に感じ入り、これだけの人材を民間に埋もれさせておくよりは本省に採用すべきだ、と思いながら書類にふたたび目を落とした玉乃は、新五郎の肩書きが「渋沢租税正(そぜいのしょう)厄介」とあるのに気づいた。「厄介」とは、その家の世話になっているということ。そこで玉乃は次に栄一と会ったとき、尾高新五郎とはどういう者だとたずね、栄一は率直に答えた。そこで玉乃は、新五郎を民部省監督権少佐(ごんのしょうすけ)に任じた。

なんと新五郎は民部省へ抗議に来た立場であったのに、見こまれて同省の役人に採用されたのだ。こんな場面をはさんで備前堀事件は公平に裁かれ、新工事は中止とされて一件落着した。

尾高新五郎を「富岡製糸場」初代工場長にする

新五郎の民部省出仕について、やや詳しく眺めたのは、前章で述べたように栄一が明治3年(1870)七月に大蔵省の人間になったあと、民部省の担当者として製糸改良の実務に当たったのが新五郎だったからである。かれも養蚕や生糸の生産に通じていたため、栄一から推されて製糸改良問題の解決を引きついだ形になったのだ。

フランス人ブリュナーとともに製糸場の建設地を探しはじめた新五郎は、上州の高崎、前橋、下仁田などを巡歴したあげく、富岡(群馬県富岡市)の陣屋跡地を用地と決定。約5万5,400立方メートル(およそ1万6,800坪)の土地を買い上げ、建築師バスチャンに設計を依頼して、日本初の本格的器械製糸工場「富岡製糸場」の建設にとりかかった。

明治4年3月着工、翌年10月に主要部分が竣工したこの製糸場の初代工場長こそ、尾高新惇忠(あつただ)と名乗るようになっていた新五郎にほかならない。平成26年(2021)六月、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産に指定されたことは記憶に新しいが、当時の富岡は武州の本庄と信州の追分とをむすぶ下仁田越(しもにたごえ/中山道の脇街道)の小さな宿場だったから、地元民は文明開化とはまだ無縁に生きている。さまざまな難癖をつけて、尾高惇忠を悩ました。

いわく、木材を求めて妙義山の森林を伐採する、しかも異人のためにやるとはとんでもないことだ、天狗さまの祟りがあるぞ。それでなくとも、異人などに宿を貸すものか。大体、そんなひろい土地を買い占めるとは、山師ではないのか。妻をつれて現地入りしたブリュナーなどは、天狗信仰など初耳だったであろうからさぞや面食らったに違いない。それでも木材の伐り出しの日に天狗が怒ることはなく、天気はとても良かったので、地元民たちとのトラブルは起こらずに済んだ。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら