経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

渋沢栄一の「士魂商才」 ビジネスリーダーなら知っておきたい「日本資本主義の父」の肖像

第20話:日本への帰国の旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一。2022年に日本最高額紙幣の“顔”となる「日本資本主義の父」がどのように生まれたかを、史実第一主義の直木賞作家・中村彰彦氏が紹介する(編集部)。

帰国決定までの経緯

最後の将軍徳川慶喜が大政奉還を勅許された慶応3年(1867)10月15日以降、幕府は「旧幕府」と呼ばれるようになった。その旧幕府は駐仏公使・栗本安芸守(あきのかみ)へは「御用状」という名の書状で本国の情勢を伝え、行動を指示しつづけていた。以下しばらく、渋沢栄一が『巴里御在館日記』に記した月日に従い、その内容の要約を中心として一行の動向を紹介してゆこう。すべて西暦1868年(慶応4)の出来事である。

4月8日、公子(昭武)はもちろん栗本安芸守、留学生ともそのまま滞在あるべきこと、との御用状来る。

4月27日。これは御用状ではないが、日本の新聞に大坂表でフランス人が殺害され、外国人が戦争準備に入ったので新政府があれこれ交渉をはじめたと出ていた、と聞く(これは「堺事件」発生の第1報。「堺事件」とは3月18日にフランス軍艦「デュプレクス号」乗組の水兵と士官が堺の栄橋通りあたりで住民たちに狼藉に及び、土佐藩6番隊、8番隊の兵と衝突してフランス側に11人の死者を出した一件のこと。土佐藩主山内豊範はフランスに賠償金15万ドルを支払い、関与した11人を切腹させた)。

5月3日。上さま(慶喜)の東帰以来、江戸府内は平静とのこと。

5月5日。上さまは新政府へ御恭順のため上野の寛永寺にお入りになり、江戸城西の丸は田安家当主徳川慶頼(よしより)と津山藩主松平斉民(なりたみ)の両侯にお預けになったという。「上野の宮さま」こと輪王寺門主・公現法親王(こうげんほっしんのう)は、2月21日、慶喜に代わって謝罪するため御上京なさった由。

5月18日。栗本安芸守、パリから帰国。

5月30日。薩長主体の新政府軍江戸に接近、横浜港も近く敵の手にわたるべし、とのこと。上さまにはいよいよ御恭順の御趣意にて上野の寛永寺にあらせられ、忠憤のあまり過激に及ぶ者これなきようお諭(さと)しある由。

6月17日午後9時。ロシア、オランダ、イギリスへの留学生のうち帰国を決めた者23名、送別会にまかり出る。

6月18日午前9時。帰国者出立。渋沢栄一見送り。

7月4日夕方。フロリ・ヘラルト、京都(朝廷)より公子に帰朝のお達しがあり、駐日フランス公使より送られてきたその達し書を差し出す。

7月5日朝。山高石見守、栗本貞次郎(安芸守の養子、イギリス留学生)、栄一の3人、公子と相談し、帰朝と決定。

7月6日。フロリ・ヘラルトに帰国の件を伝えると、9月中にご出立されては、との意見。上さまは4月12日に上野を出て水戸へ移り、謹慎をおつづけになるそうで、同日、江戸城は尾張藩に引きわたされた。いずれ旧幕府の海陸軍も新政府に引きわたされる予定だが、脱走者多しとのこと。

7月27日。日本の新聞によれば、奥州の諸侯いよいよ王命(天皇〈新政府〉の命令)に不服にて、ついに戦争に相なるべしとのこと。

8月10日。江戸城へは官軍(「官軍」と称した新政府軍の兵)が入り、徳川家の御家名が存続するかどうかの仰せつけはこれなし。奥州の諸侯、王命を拒み、おいおい戦争に相成るべしとのこと。

8月23日。昨日の「ラ・フランス新聞」によると、日本の新聞には徳川の家名は14歳の田安亀之助(徳川慶頼の3男、のちの家達〈いえさと〉)が相続することになった、とあるという。

8月27日。今夜の「ラ・フランス新聞」は、日本の新聞によるとミカド(天皇)の兵隊が北方の諸侯を征討するという、と報じた。

9月1日。「ラ・フランス新聞」によると、7月4日(和暦5月13日)、江戸城の京兵(官軍)のため市中の過半は焼失したと日本の新聞が報じているとのこと。

9月4日。帰国した栗本安芸守より養子貞次郎に書状到着。5月17日に横浜に着いたところ、15日~17日まで彰義隊と官軍の戦争があり、彰義隊は敗走、江戸市街は過半焼失の由。徳川の御家名は田安亀之助様が相続と定まるも、御領地や石高は未定。60余州の諸侯は大概王命に服せしが、会津と庄内の両藩はこれを拒む趣とのことなどを申し越す。

9月6日。公子御帰朝の儀につき、ふたたび京都より水戸表(慶喜)にお達しあり。水戸藩士長谷川作十郎より御書状をもって公子に申し上げるには、近々お迎えのため井阪泉太郎と服部潤次郎を再度渡仏させたき由。これによって、いよいよ御出立と決定。

9月10日。午後5時、ロッシュ、フロリ・ヘラルトほかが来たり。山高石見守、栗本貞次郎、栄一、菊地平八郎、三輪端蔵出席。ロッシュより公子にフランスに御滞留なされた方がおためになると申し上げる。帰国せよとのお達しを2度受けさせられて、今日に至り御滞在は情義と情理において成しがたく、よって来月フランスの郵船にて帰朝の旨を伝えしところ、御忠告をお聞き届け下さらぬならば別段申し上げることはありません、とロッシュ。懇篤なる忠告はしかとお聞きしましたが、先に大君(慶喜)は朝命をもって水戸表へ御退隠、なおまた朝命をもって水戸表より御帰朝申し越し候上は、則ち大君の思し召しと同様、右の順序もわきまえずひたすら本国の変動をうかがい、帰朝を延引するは日本人には決して成し難き儀、とお断り。夜クレーまかり出、御帰朝の手続きにつき相談。

9月15日午後、フランス領事レオン・ジュリーまかり出、公子に来たる10月フランスをご出発の旨申し上げる。

9月21日朝8時。井阪泉太郎、服部潤次郎、御帰朝お迎えとしてまかり越す。

なぜ新政府は徳川昭武をいち早く帰国させたかったのか

明治新政府が引退した慶喜の尻を叩き、昭武の元の供侍で仮病を使ってまでして先に帰国したふたりを帰朝お迎えとしてふたたびパリに派遣した、とはどういうことか。昭武が帰国を拒むのを怖れてのこと、としか考えられない。

旧幕府海軍副総裁・榎本武揚が蝦夷地(北海道)へ脱走して旧幕臣の国を建てようと計画していたことをあわせ見ると、新政府が慌てた理由はよく察せられる。新政府は、昭武がロッシュたちの助言に従い、パリに残留して旧幕府の亡命政権など樹立したら困る、と考えたのではあるまいか。

ところが、この4月に水戸藩主徳川慶篤(よしあつ/斉昭の長男)が病死し、そのせがれ篤敬(あつたか)はまだ幼いため、昭武を水戸藩へ復帰させて新藩主とし、しかるのち篤敬を立てる、との方針が定められた。となると、どうしても昭武を帰国させねばならないということになり、新政府は水戸藩と縁戚関係にある東征大総督・有栖川宮熾仁(ありすがわのみや たるひと)親王に頼み、大総督府からの朝命として昭武に帰国命令を出したのである。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら