経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

人と組織が活きる経営判断

第5回  成長戦略を成果につなげる組織文化を創るには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
需要創造型経営の鍵を握る組織文化

需要創造型経営の鍵を握る組織文化

 「アベノミクス三本の矢」の中の成功の鍵を握るのは「成長戦略の取り組みいかんによる」という認識は、経済人であれば共通の認識です。
 成長戦略を成功させるには、「需要創造型経営に取り組み、新たな価値を創造すること」が必要であり、それには「創造的な人と組織づくりに取り組むこと」が重要だと考えます。
 「創造的な人と組織づくり」とは、市場の情報を基に、新たな価値を創造し続けられる組織の戦略や体制と実現する能力や組織文化のことです。
 需要創造型経営モデルの浸透を阻害している最大の原因は、企業が右肩上がりの時代を経験し、過去の強い成功体験や失敗体験によって、「こうしたら業績が上がった。新たなことをやっても結局うまくいかなかった。だから、今までどおりのやり方を守ることが一番である」という仕事ぶり(※1)が、組織に根付いていることにあります。
 この場合、今までのやり方や考え方を変えなければならないような戦略を出しても、「仕事ぶりを変えられない。一時的に変えても、元の仕事ぶりに戻る」ことが多いようです。
 ジェックでは、組織に根付いた価値観や行動様式を総じて「組織文化」と呼んでいます。需要創造を促進する組織文化を育てることができれば、需要創造型経営を成果に結び付けていく強力な知恵とパワーになります。
 組織構成員である社員が自らチャレンジし、知恵と力を合わせ共創・協働し、社会や市場をより良くするという価値を創造し続ける。そういった仕事ぶりが組織において当たり前になることです。
 そうなれば、経営トップが示す需要創造の「理念・ビジョン・戦略」を社員が受け入れ、行動化し、現場の知恵と組織の価値創造が促進され、業績成果はその結果としてついてきます。

組織の集団性格に着目する

 需要創造型経営を支える仕事ぶりは、次の三つの価値観と行動様式で分類することができます。

①より良い社会や市場にすることに役立つこと→お役立ちの価値観と行動様式
②知恵と力を結集すること→協調の価値観と行動様式
③チャレンジすること→挑戦の価値観と行動様式

 組織文化の構成要素は幾多ありますが、この三つは実務家として必要不可欠な要因だといえます。
 ジェックでは、この三つの価値観と行動様式による集団の特徴を「集団性格」と位置付け、これらが高い状態(お役立ちに、共創・協働して、チャレンジし続ける仕事ぶり)をつくることによって、創造的な組織づくりが可能になり、需要創造型経営を促進すると考えています(※2)。

創造的組織文化づくりを阻む「落とし穴」

落とし穴① 他部門や他者、経営を批判・非難する
 これは、自分や所属するチームが新たな価値の創造による業績が上げられない組織に多く発生します。
「営業が良い提案をしないから技術部門が疲弊する」(技術系社員)
「技術部門の融通が利かないから売れない」(営業系社員)
などはよく聞く声ですが、これらは他者や他部門を批判・非難することで自分たちを守ろうとすることからの発言です。
 本来、他者や組織に貢献するから自分の存在が認められるのですが、批判・非難をしていれば、自分の存在を否定されないだろうという落とし穴が、自己変革を阻むのです。

落とし穴② 上位者の指示だけを待つ
 これは、トップダウンの経営に戦略が当たった過去を持つ組織に多く発生します。価値の創造は個人やチーム、組織全体で成し遂げるものですが、「指示の出し方が下手だからやる気にならない」「指示のない仕事はしなくてよい」という仕事ぶりが組織に根付いていると、価値創造が進まない落とし穴になるのです。
 では、このような落とし穴をクリアし、集団性格を高めるにはどうすれば良いか、具体的に考えてみましょう。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら