経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営階層に求められる能力とは?

第9回  理念経営の復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理念経営の発展の意味

 第3回で、「経営理念プロセス」において理念価値の見直しをすると、断層的発展がもたらせると記述しました。図にすると以下のようになります。
理念経営の発展の意味

 企業がある理念価値で市場を席巻すると、どんどん顧客や地域が拡大していきます。製品サービスの普及が一巡すると、成熟状態を迎えます。成熟状態においては、市場の声に対してより「速く・安く・巧く」の改善がなされていきます。次に、新たな理念価値が追加されると、それにふさわしい製品サービスが創造され、成熟状態になるまで拡大が続きます。
 理念経営の発展は、フィールドの拡大と速度の高速化が図られていることになります。この意味するところは、波のエネルギーでとらえると明解になります。

 重りに糸をつけて回し、A-B軸の変位を時間軸で展開すると波が現れます。波のエネルギーには、以下の関係が成り立ちます。

波のエネルギー ∝ 振幅² × 振動数²

 つまり、振幅はフィールドの広さであり、振動数は処理速度の早さということになります。
 対比する意味で、アインシュタインのエネルギー方程式を紹介すると以下の通りとなります。

物質のエネルギー = mc²

 mは質量、cは高速(3×10(10乗)cm/sec)です。つまり物質というのは、c²すなわち、9×10(20乗)のエネルギーが凝集して創造されていることが分かります。「理から性、さらに凝集して質ができる」という朱子学の主張を裏付ける内容になっていると言えます。

 以上のことから、理念経営の発展によるフィールドの拡大と高速化の活動は、実は企業のエネルギーを向上させているということになります。第8回で経営階層への発展モデルとして、個人の発展モデルを解説しましたが、個人の心のエネルギーも同様なことが言えます。
 犬→猿は高速化による高エネルギー化、猿→雉はフィールド拡大による高エネルギー化、そして雉→亀は、魂魄でいうところの魂のエネルギーにリンクして、超高エネルギー化になると言えます(玄の世界は、フィールド広大と超速による高エネルギー世界)。

 陰陽五行の経営プロセスは、実は、心のエネルギーの高エネルギー化を図っていると言えます。物質は、最初から高エネルギーの凝集がなされていますので、物性は普遍的に安定しています。心の方は、さほどの凝集はなされていませんので、朱に交われば赤くなる訳です。しかし、振幅の拡大と高速化により、心は物質を超える高エネルギー化が図れることになります。更に亀の境地に達すると超高エネルギーとなっていきます。しかし、そのためには、回転軸が不動になっていなければなりません。回転軸の目指す方向性とその信念が不動になることが亀の境地に達するための必須条件になります。回転軸を不動にすることで、信念に対応する精神エネルギーとの共鳴が可能となっていく訳です。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら